インド株eワラント

インド株eワラントを利用することで、BRICsの一つのインドの個別株式にレバレッジを利用した投資をすることも可能です。このBRICsと言うのは、ブラジル、ロシア、インド、中国の今経済成長をしている国のことを言いますが、外国為替や株式に投資をする際のポイントとしても知られているのです。
インド株eワラントの対象原資産と言うのは、インド個別株式の3銘柄になります。投資のタイプは、コール型とプッシュ型が可能で、コールの場合には対象原資産の値段が上がることで利益が出ますし、プット型の場合には対象原資産の値段が下がることで利益が出る方法です。取扱時間はeワラントとは少し違っています。朝9時から13時15分、そして13時25分から23時50分が取扱い時間と言うことになっています。
どこでもインド株eワラントを取り扱っているということではなくて、証券会社の中には取扱いがないところもあります。取り扱っている証券会社としては、SBI証券、カブドットコム証券、マネックス証券、松井証券、楽天証券、クリック証券などでの取扱いがあります。
インド株eワラントの特徴は相場が上がっている時でも、下がっている時でも両方レバレッジを使うことが可能ですし、円貨でそのまま投資をすることも可能で、為替手数料が必要ないというメリットもあります。今インドは目覚ましい経済成長をしている最中ですから、これから、eワラントの中でも注目されて、取引する人口が増えると見込まれています。
posted by eワラント | Comment(0) | TrackBack(0) | eワラント
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/32188553
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック